成人式に着る

和の着こなし

成人式の着物を親子二代で着てみよう

日本の伝統的な衣装として、古くから親しまれてきているのが着物ですが、現代においても様々なシーンで和装を着るという人は多くいます。
結婚式や成人式、あるいはパーティーなどの盛装としても着物は活用することができるものですが、普通の洋服に比べて価格が非常に高額なのがネックでもあります。
成人式で振袖を新しく作ったものの、それ以降着る機会が無いというのは非常に勿体無い話です。
そこで、作った着物を上手く有効活用するのであれば、仕立て直して親子二代で着回すというのも一つの方法です。
振袖として作った物も、仕立て直す事で色留袖や訪問着として使用することができますし、ある程度のサイズや身長の差があってもカバーできるのが和装の良い所です。
親子二代はもちろん、孫の代にまで譲り渡す事もできるので、思い切って上等の着物を仕立てるというのも良いでしょう。
和装はあまりファッションの流行に左右されませんし、合わせる小物なども使い回しできるのが魅力です。

日本の民族衣装「着物」新たな挑戦のはじまり

日本の伝統衣装かつ民族衣装として近年注目を集めるようになってきたのが着物であり、若者にも気軽に身につけてほしいということできものに関連したイベントを開催したり着付け教室なども幅広く開講されています。
そんな着物の新たな挑戦として最近多くの地域で始まっているのが、着物を世界に発信するための準備です。
着物のマーケティング市場は最近インターネット通販でもレンタルなどが利用できるようになってきたことから徐々に幅が広がってきているものの、まだまだ狭い範囲となっています。
しかも呉服屋と聞くと高級なイメージがあるということで近寄りがたい雰囲気もあるということで、その意識改革と日本の民族衣装を世界に広めようと言う活動を行っている企業が増えてきている傾向があります。
その第一歩としてファッションショーに参加する・今までの伝統を守りながら新しいデザインを構築するなどの挑戦が行われており、今後の活動に注目が集まっています。

Valuable information

佐鳴予備校を検索
https://dynabook.com/business/jirei/jirei07/index_j.html 

最終更新日:2016/11/10

Copy Right (C) 和の着こなし All Right Reserved