着物の魅力

和の着こなし

日本人にとって特別な着物の魅力

日本人にとって、着物という衣類は特別な魅力を感じるものです。それは、独特の色、形、生地、模様など、他の衣類にはない素晴らしい特性があります。
また、私たちは普段洋服ばかり着るようになっているため、めったに着る機会のない着物を着ていると、非常に魅力的に見えるということもあります。
着物は、着ると体のラインを隠すので、年齢を感じさせないものです。そのため、年をとっても非常にきれいに着られる、貴重な衣類なのです。これも魅力の一つといえます。
また、男性も女性ほどではないかもしれませんが、それをときに着る機会がある人もいます。
日本の伝統文化を職にしている人々は、それを着る機会が多いのですが、やはり非常に素敵にみえます。普段から着こなしているので、立ち居振る舞いも上品でそつなく身動きができるのです。
着物は、着ているだけで自然と歩き方や動作がゆっくり小さめになるため、優雅な雰囲気を醸し出すことができるのです。

正装としての役割に特化してしまった着物の現状

着物は今や、私たちの生活からすっかり縁遠いものとなりつつあります。
明治時代に洋服の文化が海外から入ってきたことにより、普段着として着ていた、その役割がなくなってしまったのです。
洋服はそれに比べ、着脱が簡単であるうえ、お手入れの手間もあまりかからないので、どんどん私たちの生活文化に浸透していったのです。
そして、特別なときにしか着る機会がないような状態にまでなったのです。
私たちが着物を着る特別なときといえば、成人式のとき、あるいは大学の卒業式のとき、そして結婚式のときなど、人生における節目、ハレの日が挙げられます。
また、お正月にお参りにいくとき等にも着ることがあります。着物を着なくなったことは、私たちの生活文化そのものを大きく変えてしまっている現状にあります。
滅多に着る機会のない貴重なものだからこそ、着たときには高揚感があるものですが、日本元来の文化である着物文化を私たちは忘れてはならないのです。

recommend

千葉のメンズエステを探す
http://aromacuas.ii-esthe.net/

Last update:2016/11/24

Copy Right (C) 和の着こなし All Right Reserved