伝統文化の着物

和の着こなし

現代になって見直されてきている着物

着物は、古臭いイメージが持たれていて、使われる場面も、茶道などをしている人が切るくらいの物でした。
しかし、現代になって着物は再評価をされています。その理由は、洋服文化が成熟して、新しい物が生まれなくなっているからです。
そのため、忘れ去られていた着物にスポットが当てられるようになったのです。忘れられていたことから、逆に最近の人にとっては新鮮に映るようになっています。
その結果、普段使いとしてはまだまだ切られてはいませんが、イベントや冠婚葬祭等で気軽に着られるようになってきました。
海外の人にも注目を集める機会は多いです。観光地では、着付けをして写真を撮ることができるサービスが存在しており、外国の人には人気になっています。
人気の理由は、やはり外国にはない日本独自の文化であるからにほかなりません。
現在の人が着物を見直すようになったのも、普段は見慣れていないからで、外国の人が感じているのと同じような感覚であるためであると分析できます。

着物はこれからも受け継ぎたい伝統文化

着物を着ることは、私たち日本人の伝統文化の一つです。
最近では、それを持っていたとしても普段めったに着る機会はなくなり、人生にとって特別な日やハレの日ぐらいにしか着なくなってしまったものです。
日本に旅行に来る外国人はよく、日本人の着物にあこがれを持っているといいます。中にはそれを自分への記念のお土産として買って帰る人もいるほどです。
それに比べ、日本人は特別な機会がない限り、これをなかなか普通に買う人はいません。そして、着物を持っている人でも、自分で着付けができるという人はそう多くはいないのが現状です。
こうした現状を鑑みると、今の日本人には、もっと自国の伝統文化である着物に興味を持ち、身近なものとして感じられる機会をもつことが必要なのです。
一人でも多くの人が、自分で自前のものを持ち、さらにそれを自分で着つけられるようにして、やがてそれを子孫に受け継がなければなりません。
そこまでしてこそ、伝統文化として今後も長きにわたって継承されていくものなのです。

Favorite

堺市の歯医者に通う
http://www.takagi-d.com/

2016/11/24 更新

Copy Right (C) 和の着こなし All Right Reserved