さまざまな着物の種類とその季節

和の着こなし

さまざまな着物の種類とその季節

大人の女性なら、お祝いごとなどに着ていきたいと思う着物。しかし、なんとなく躊躇してしまうこともありますよね。
その要因の多くは、決まり事があるので面倒と思われるからではないでしょうか。そして、その決まり事の一つが季節感です。
季節によって着物は3種類に分けられます。
袷(あわせ)、単衣(ひとえ)、夏物です。初めにこの中で最も長い期間着ることができるのが袷です。昔ながらのルールでは、 5月から10月末まで着ることが可能です。
単衣や夏物と異なり、裏地がつくので、袖口や裾さばきの時などにちらりと見える柄で、お洒落を楽しむことができます。
次に袷から夏物へと変わる、または夏物から袷に変わる期間の6月と9月だけに着るのが単衣です。単衣は袷の表地と同じですが、裏地のないことをいいます。
一昔前までは、訪問着や振袖も単衣仕立てのものを揃える方もいらっしゃったようですが、現代ではそこまで単衣を揃える人は少なくなったようです。
最後に夏物です。7月から8月まで着ます。こちらも裏地の無い着物ですが、表地が、絽(ろ)や紗(しゃ)などの透け感のあるものやサラッとした感触の薄手の生地で作られています。
とても涼やかで夏着物の趣を醸し出しているのが特徴です。

マナーを守った着物の着用を行いましょう

最近日本の伝統に注目しようと言う活動が盛んになってきていることから、世代や性別に関係なく着物を着用すると言う人たちが増えてきています。
それ自体は喜ばしいこととして受け入れられているのですが、実は着物にもTPOというものが存在しているのでそれに沿うような種類を利用しないとマナー違反として顰蹙を買ってしまうということがあります。
このように着物にも着用している際のマナーと言うものが存在しているので、その点を理解して着用することが推奨されています。
特に注意しておきたいのが立ち振る舞いに関するマナーであり、例えば歩き方ひとつでも内股で歩幅を狭く歩くことが常識とされています。
そのため履物を引きずったり大きな音を立てるというのは失礼に当たりますし、背中を丸めて歩かずに背筋をしっかり伸ばして歩くようにすることが求められています。
ほかにも物を取る時は片方の手で袂を押さえて袂が汚れないようにするだけではなく物を倒さないようにすることが必要ですし、座り方や立ち方、車の乗り方や階段の上がり方、さらにはトイレに行く場合にも最低限の作法と言うものが存在しています。
洋服とはまた違った作法になるので、着物を身につける前に確認しておきたい項目のひとつです。

Copy Right (C) 和の着こなし All Right Reserved